高野山真言宗 郷芳寺

 高野山真言宗は和歌山県伊都郡にある高野山金剛峰寺を総本山とし、弘法大師空海が平安時代初期に大成した真言密教の教えを教義とする教団です。

  高野山真言無量山宗郷芳寺は、大正10年に大師教会滝川支部として滝川の地に開創されてからというもの、衆生のため御大師様ご自身が造られたとされる「厄除け弘法大師」を本尊とし、弘法大師のみ教えを伝えて参りました。

平成27年に高野山は開創1200年を迎え、こころの時代であるべき現代にこそ必要不可欠である「道標」としての仏教を伝え檀信徒の皆様とともに歩んで参りたいと存じます。